記事一覧

LNGタンク2基は津波でやられる可能性が高い

NO1,NO2 LNGタンクはNO3タンクより低いので津波の被害を受ける可能性が高い!
 NO3タンクは盛り土が高いが,NO1,NO2は明らかに低い。
 津波高さ7m以上で、遡上高で2基のタンクは冠水し、各種の漂流物で天井のドームが破壊され、海水が流れ込めば、比重0.45のLNGは押し上げられ,あふれ出し、大災害を起こす可能性が高い。
容量はそれぞれ8万kl、9万klで、1万klが漏れただけでも大災害となります。
 これにさらにLNGタンカー15万klが加わっているのです。
LNGタンク3基
写真は港内観光船からのものです。
コンテナーと船舶、材木等が津波に流され激突して来ます。
大量のコンテナーと船
貯木場
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント