記事一覧

東燃が起こしている風評被害

 10月6日、辻7区自治会館にて、東燃の説明会が行われました。
 かなり活発な質問、議論が行われました。
 しかし、東燃は、住民運動が根拠のない間違ったことを宣伝していると、強調するようになりました。
 そして、知られたくない事柄には触れないように、ぼやかしたり、はぐらかしたりと、正面から説明することはありません。
 私たちはそれに対しほとんどすべての事項に反論する根拠をもっています。
 それらの学習会を、近日、辻地区でも行いますので、ぜひ参加してください。
 
 今回の会では
東燃が何も問題のなさそうに説明する内容とは別に、東燃の話したくない恐ろしい問題があることが、その一部だけでも、明らかにできたと思います。


ある参加者の言葉(1)
 東燃は住民の反対運動が、あたかも風評被害を招くような言い方をしています。
 本当は、駅近くに大規模な火力発電所建設を計画した事こそが、風評被害を生む、最大の原因であることを東燃は分かっていると思います。
 それでも、問題の本質をすり替えらずにはいられない程、東燃は焦っているのでしょう。

ある参加者の言葉(2)
説明時間を短くして、質疑応答の時間をもっと欲しい。
 もっといろいろのことを聞きたかった。
 自分も質問したかった。
 
                             
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

simizusanada

Author:simizusanada
静岡市清水区辻町に住んでいます。
LNG基地で最悪の事故が起きると瞬時に消滅する可能性のある半径1㎞以内の地域です。
この場合、半径5㎞以内は全焼します。
この危険性をさらに倍増する東燃ゼネラルLNG火力発電所建設の反対運動をしています。
皆様の質問、意見、をお待ちします。

カテゴリ

来場者数