記事一覧

LNGが大量に漏れれば事故!

LNGが漏れるか漏れないかが大問題!
 最近はLNGの大事故は起きなくなりました。 
 その理由は、技術が進歩して、安定した取り扱いが出来ていて、LNGが漏れることは無くなったからだと思われます。
 しかし、自然災害やテロはこれを、打ち破ります。
 万が一、大量のLNGが漏れたら、原発以上の、原子爆弾クラスの大災害があり得ます。
 大量のLNGが漏れた場合の対策は何一つありません。
 実際、先日の、東燃の説明会で、「LNGタンカー(積載量68000トン)から、68000トンのLNGが漏れたらどうなりますか?」との質問に、「LNGタンカーは安全です」を繰り返すだけで、まともに答えられませんでした。
 最悪事態の想定さえ出来ないのです。
 ましてその時の対策等ある筈がありません。
 死ぬ人は死ねと言っているに等しいと思いませんか?
 私たちは、LNGがそんなに危険だとは知りませんでした。
 行政も東燃もこの事実はひたすら隠してきたと言っていいでしょう。
 ですから、私たちにとって、これは新しい知識なのです。
 発電所が完成し、フル稼働すると、LNGタンカーの入港回数は2倍になります。 
 既に20年も前からあるものだからどうしようもないという事ではなく、新しい知識のもとに、これ以上危険を2倍も増やす、発電所の建設は阻止しなければなりません。
 今、反対の意思表示をして阻止しなければ、末代まで、後悔するでしょう。

アピール映像
清水の崩壊を目撃せよ!
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント