記事一覧

電力の消費県?

 電力の消費県?
このブログに下記のメールが届きました。
No title
浜岡原子力発電所が停止して静岡県には1ヶ所も大きな発電所がないらしいです。
当然ながら他県から融通してもらっているそうです。

電力自由化ですから問題ないといってしまえばそのとおりですけど、静岡県だけ厄介な発電所は要らないけど電力だけはほしいですって言うのも・・・・・

だったら今ある浜岡原発を再稼動すればいいんじゃないと思いますが、原子力発電所だけは危険すぎます、万が一の代償もでか過ぎます。

どこかいい場所ありませんかねー、みんなが納得できる発電所建設場所。

自分の家の電力は自分で作れれば一番いいんでしょうが・・・・
2016/06/26(18:06)
原発反対 URL


 直接、返信メールを出しましたが、多くの皆様とも考えてみたいと思います。
 静岡県には1か所も大きな発電所が無い、他県から融通してもらっているので、必要ではないか?
 そして、東燃ゼネラルが計画しているガス火力発電所建設は認めて欲しいというご意向と思われます。
 
 全国的に電力については、必ずしも地産,地消とはなっていませんね。
 生産県、消費県にに分かれている例が多いと思います。
 中部電力として、中部地方全体の電力の生産、消費のバランスを取れていれば問題ないわけです。
 静岡県としては、電力面では消費県ですが、ミカン、お茶、魚、工業製品等は生産県です。
 観光という面でも生産県と言っていいでしょう?
 それで、それぞれの住民が安心して暮らして行けるならそれでいい訳ですね。
 風光明媚な清水は、今は、海岸線は殆ど経済活動のために使われ、自然災害に連動してさらに巨大な人工災害が起こりうる危険極まりない町になってしまいました。
 LNG火力発電所はその危険性をさらに倍増させてしまいます。
 いい加減にしてくれ!と言っているのです。
 ますます安心して住めるところではなくなってしまいます。
 もし、建設してしまったら、引っ越すか、南海トラフ地震が起きたら仕方がないとあきらめて暮らすしかありません。
 しかし、やはり、これを、子孫に残すことは絶対にしたくないのです。
 
 発電所は、人々が安心して暮らせる、もっと人家から離れたところに作って欲しいのです。
 そして、クリーンエネルギーに置き換える努力をしていくべきだと思うのです。
 どうか、このブログを隅々まで読んでいただきたいて私たちの仲間になってくれるよう、お願いいたします。
 



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

simizusanada

Author:simizusanada
静岡市清水区辻町に住んでいます。
LNG基地で最悪の事故が起きると瞬時に消滅する可能性のある半径1㎞以内の地域です。
この場合、半径5㎞以内は全焼します。
この危険性をさらに倍増する東燃ゼネラルLNG火力発電所建設の反対運動をしています。
皆様の質問、意見、をお待ちします。

カテゴリ

来場者数