FC2ブログ

記事一覧

想定死者12,000人の意味

東日本大震災での犠牲者は、あの広い地域で行方不明者を含めて18,500人です。
静岡県は南海トラフ地震津波に襲われた場合、清水区だけで最悪ケースで12,000人の死者を想定しています。
原因別の内訳は、津波によるものが11,000人、火災や建物、家具の下敷きによるものが1,000人となっています。
この狭い清水区でこの数字は、いかに、過酷な災害が想定されているかを感じて戴きたいと思います。
東海地震対策として、県は”トーカイ0”のキャッチフレーズで、建物の耐震化対策を進めてきましたが、今では津波対策がメインテーマとなりました
それで、海岸に、堤防を作ることになりましたが、その高さは4mで、L1津波は防げるが、L2津波は防げないものです。
L2津波高さは5mとされています。
L2津波には超えられるが、浸水を遅らせる効果はあるとされています。
それで、その堤防を作ることによる効果で、想定死者はどの程度減少出来るかを、静岡市の危機管理室に聞きましたら、「解らない」という事でした。
市民としてはある程度の効果は期待して一安心したいところです。

しかし、これ等の想定と対策方針が立てられた後に,次のように、新しい地震津波に関する学説、資料、が続々と出て見直しを迫られています。
1 地震に連動して、海底の地すべりが起き、津波を増強する。
  (本ブログの「津波高さは2倍以上になる可能性がある」をご参照ください。)
2 清水港津波高さ10.4m説がでました。
  (本ブログの「東燃敷地はほぼ全域が水没する!」をご参照ください)


さらに、清水では、重厚長大産業に依存してきたつけ(LNGと各種タンク等の危険物)が残っています。
誰も嫌なことは見たくありませんが、私達はこの現実をしっかりと見て、どのようにして、子孫が安心して暮し発展できる街を残すことが出来るか考えなければなりません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

simizusanada

Author:simizusanada
静岡市清水区辻町に住んでいます。
LNG基地で最悪の事故が起きると瞬時に消滅する可能性のある半径1㎞以内の地域です。
この場合、半径5㎞以内は全焼します。
皆様のご協力を戴き、幸いにして、LNG発電所建設は中止になりましたが、清水独特の危険性は依然として存在しています。
長大重厚型産業に寄りかかり、美しい環境を壊し、危険物を集積してきた結果です。
次世代、孫、子に渡せる清水とするために、今しっかりと方向転換し、まず安全を確保し、真の発展を目指さなければならないと思っています。
皆様の質問、意見、をお待ちします。

カテゴリ

来場者数