FC2ブログ

記事一覧

安全性について

 静岡市が発表している、南海トラフ地震津波により、清水区では 津波による予想最大犠牲者は11,000人。
 更に建物倒壊や火災で1000人、合計12,000人を想定しています。


 阪神大震災は直下型地震で6,400名の犠牲者で、東日本大震災は津波で犠牲者はあの広い地域で18,500名でした。 
 行政は清水区が激甚災害地になると認識しています。
 沼津、焼津、牧之原、浜松も差はありますが同じような災害が想定されています。
 南海トラフ地震は、阪神大震災と東日本大震災が同時に起こるものと考えなければなりません。
 マグニチュード9の地震は4分位揺れると言われます。
 震度5~7で揺れている間は地震をやり過ごすだけで避難は出来ないでしょう。
 そして、津波の第1波は地震発生直後から2~3分で海岸に到達すると言われます。
 揺れているうちに津波が海岸に到達する可能性があります。
 津波より1秒も早く避難しなければなりません。
 特に巴川の海寄りの地帯の人は、津波避難ビル、避難タワーに逃げますが、この地帯で、油もれ火災等を絶対に起こしてはなりません。
 しかし、清水には、港周辺に、危険物が非常に多く存在し、これ以上の大災害になる可能性があります。
 それは、約130本の各種大小のタンクと、LNGタンクと、各種タンカー類、各種資材(木材、コンテナー)です。
 自然災害に連動する人工物の災害という図式です。
 危険物に対し、通常は安全をしっかり確保して使っていても、自然災害の中で人がどうしようもない状況の中で、事故を防ぐことが出来ないことは十分にあります

東日本大震災の気仙沼火災です。
25本のタンクの油漏れによるもので、鎮火したのは12日後でした。 
気仙沼火災
清水でこの大火災が、起きたら、津波浸水区域、避難ビル、市役所にいる人たちはどうなるのでしょう?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

simizusanada

Author:simizusanada
静岡市清水区辻町に住んでいます。
LNG基地で最悪の事故が起きると瞬時に消滅する可能性のある半径1㎞以内の地域です。
この場合、半径5㎞以内は全焼します。
皆様のご協力を戴き、幸いにして、LNG発電所建設は中止になりましたが、清水独特の危険性は依然として存在しています。
長大重厚型産業に寄りかかり、美しい環境を壊し、危険物を集積してきた結果です。
次世代、孫、子に渡せる清水とするために、今しっかりと方向転換し、まず安全を確保し、真の発展を目指さなければならないと思っています。
皆様の質問、意見、をお待ちします。

カテゴリ

来場者数