記事一覧

議員が中立では存在価値はありません

静岡市議会議員がこの発電所建設問題で、今の段階では、中立という事はあり得ない。  私達の議員アンケート等の調査によれば、共産党の議員と、安竹議員、松谷議員が反対を表明し、一部、正々堂々と賛成を表明した方以外が、申し合わせたように無回答、乃至、中立だと言っています。 あえて言えば、「中立という立場を守っていれば、自然に建設が決定していくと見ている」としか考えられません。 特に清水区出身の議員は、望月...

続きを読む

発電所の排煙は、必ず呼吸器疾患を増やす!!

 発電所が出す二酸化窒素(NO2)を含んだ莫大な量の排煙を、地表に引き下ろす、逆転層等の現象は必ず発生し、静岡市の各所で呼吸器疾患を起こす可能性があります。 東燃が測定している1年の平均値では、たとえそれが環境基準をクリアしても、清水の空気は汚れ、呼吸器疾患が増えます。 環境基準をクリアしていながら、喘息患者が多いと言われる富士市の例が、それを良く示しています。  富士市の轍を踏んではなりません。...

続きを読む

 間違いだらけの東燃の説明

 最近、地区での東燃説明会は、以下のように、間違いだらけです。1 雇用について 「雇用は、2000人」と言っていますが、これは建設中の一時期で、2~3年で終わります。 運転に入れば、30人で、ほとんど、社内移動で配置するので、正規雇用はまったくありません。 「賑わいを取り戻す」と言いますが、具体的にどのような仕組みで実現するのでしょうか。 根拠が全くありません。2 「経済効果が、大きい」としていますが...

続きを読む